徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  書評:銀行員だけが知っている お金を増やすしくみ

書評:銀行員だけが知っている お金を増やすしくみ

『銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ』長岐隆弘
を読みました。
★★☆☆☆  というところでしょうか?

正直なところ、期待していた内容とはちょっと違いました(笑)
(当たり前ですが、世の中そんなに甘くありませんし、儲かる話があるはずがありませんが。)

会社の先輩でも夫婦で香港へ旅行ついでにHSBC口座を開設していたり、大学時代の友人も
香港で投資信託型の生命保険を購入しているようですし、以前週刊誌では資産フライトなどと
特集されていたこともあり、オフショア口座での資産運用が益々一般化するような気もします。
(妻はあまり資産運用などが好きではなさそうなので、当分オフショア口座開設は無理だと思います。)
僕がこの本を読んでからしようと思っていることは、お財布の整理をするのと、資産一覧の作成ぐらいですね。

参考になった&印象に残った箇所(抜粋&要約のため著者の意図と異なる場合があります)
■当然、銀行員で、投資信託で資産を増やしている人は皆無、なのです。
 (投資信託は、販売者である銀行が、手数料を稼ぐためにつくられた商品です。)

■銀行員が必ず押さえている「お金を増やす」心構えとは
①自分の貯金額を正確に把握する。
②まずは利殖。お金を増やすことに意味がある。
③重要なこと、ムダなことの優先順位をしっかりとつける。
④安定こそ安心感。リスクは極力とらない。
⑤何よりも大切なのは実質価値。
⑥見た目が9割。
⑦人の性は悪なり。
⑧決して敵はつくらない。
⑨組織の力は使えるだけ使う。
⑩社会的意義という建前が大切。

■お金の増やし方
①ポイントカードは全てすてる
②クレジットカードは1枚を残して全て解約する
③3つの財布を使い分ける(お札入れ、小銭入れ、領収書入れ)
④毎日通帳を確認する
⑤収入の10%以上を貯蓄へ
⑥家賃などの固定費は収入の40%以下に
⑦保険会社の保険を見直す
⑧オフショア口座を開設する

■銀行員式財産三分法
現金、不動産、オフショア投資


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する