徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  松本大『世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由』★★☆☆☆

松本大『世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由』★★☆☆☆


松本大『世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由』★★☆☆☆

【目次】
1.スターバックスは日本株ではなく米国株に注目!
2.松本大流「投資の作法」
3.自分年金の「ポートフォリオ」はこうつくろう
4.米国株に投資する際の参考ポートフォリオとアセットクラス
5.米国株投資にあたっての基礎知識
6.はじめての米国株投資
7.米国株投資お役立ちツール
8.米国株投資の税金とNISA

【新たに得た知識のポイント】
・米国経済の強さは人口・教育・資源の3点セット P11
・長期的にみても米国は世界最強の経済力を有する可能性が高く、ドル高・円安が進み、為替差益も期待でき、
 米国株に投資することが最も投資効率がよい P19
・株価が過去最高を更新するのは米国に資本主義の考え方が徹底されており、株主の立場が尊重され、
 企業は株式の価値を高めようと不断の努力を積み重ねる P37
・成功しないトレーダーに共通する傾向は「損をしたときに、マーケットのせいにする」 P64
・優れたトレーダーは「自分の理解を超えたときに、相場から降りる」 P77
・保有資産の30%程度をドル建て資産で保有する P91
・米国債のゼロクーポーン債と米国株式を組み合わせれば株価が値下がりするリスクをある程度
 限定させることができる P93
・勤めながら投資をする場合、自分が働く会社が所属している業種と同じ米国企業には投資しない P102

【感想】
2013年末の出版で、やや情報が古いようにも感じられましたが、米国株への投資が優れている理由が列挙
されています。後半部分では経済指標などについても代表的な指標について詳しく紹介されています。また
個別銘柄への投資だけなく、ETFについても紹介されている点は評価できると思います。しかしながら、他国に
比べてなぜ米国株なのか?という点の追求がやや弱いようにも感じられました(マネックス証券が監修しており、
米国株を勧めるのは自然な流れてではありますが…)。
ゼロクーポン債と組み合わせるというのは、良いアイディアだと思います。


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する