徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  勤務先で某金融機関主催のセミナーが開催されました

勤務先で某金融機関主催のセミナーが開催されました

先日私の所属している部署の従業員を対象に、某地域金融機関の主催する資産運用セミナーが開催されました。
(私は業務上都合がつかず参加しませんでした。都合がついても参加していないと思いますが…)

昨今地域金融機関も激しい競争にさらされており、新規顧客を獲得し、更には窓販投信で手数料を稼がなければ
ならないのだと思います。(東海地区も地域金融機関が乱立しており、再編があるかもしれません…)

セミナーの主な内容は
■NISA口座開設のメリット
■少額から始められる投資信託毎月積立のメリット
だったようです。出席した後輩から配布資料を見せてもらいましたが、販売手数料が高く、
しかも仕組みが複雑な投資信託もラインナップされておりました。

私が多少の資産運用をしていることを後輩は知っているので、
後輩:「資産運用なんかするお金すらないんですから、時間の無駄でした。」
私:「僕は逆に毎月少額でもコツコツやった方がいいとは思うけどね…。少なくとも自分はそうしていますよ。」
後輩:「それはお金があるから、そういうことを言えるんですよ。」
    「でも日々買い物で利用するイオンの株主優待は欲しいんです。」
私:「僕も個別株も少しやっていますが、含み損を抱えているのもあるから、個別株を始めるなら慎重にね。」
とこんな会話のやり取りがありました。

資産運用(資産形成)には、もちろん、日々の生活資金と万一のための一定の余剰資金が必要だとは思いますが、
かなりの額の貯蓄がないと始められないものではないと思いますし、あまり貯蓄がないからこそ、日々の生活を見直し、
無理のない範囲で、継続してコツコツと積立をすることが大切だと思います。
(FXやデイトレーダーなど超短期で稼ぐのは別にしても、それ以外では資産運用にあたり、何も特別な知識や
数学的センスを求められるものではないと思います。しかし金融商品は分かりにくいとハードルがまだまだ高く、
興味がない人には、外国語のように言っていることが分からず受け入れがたいものなのかもしれません。)

もっとも、運用関係で友人や後輩などの他人に個別銘柄や商品を勧めることはしません。
あとで、「損をした」と言われたら困りますので。


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する