徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  金融機関主催セミナーに行ってきました

金融機関主催セミナーに行ってきました

先日初めて、金融機関主催セミナーに行ってきました。

【参加した理由】
これまでかなり心理的な抵抗があり、参加したことがありませんでしたが、今回なぜ参加したのかというと…
①会場がホテルだったから(→店舗だと、金融商品をゴリ押しされそうなイメージがありましたので、安心できた?)
②二部構成で前半が収納に関するセミナーだったから(→大掃除の時期も近く、整頓術に丁度興味があった?)
③後半は資産作りセミナーだったから(→これまで我流だったので、たまにはプロの話を聞いてみたいと思ったから)
④粗品がもらえるから(→かなり貧乏ってぽい理由ですが、国産高級タオルがもらえるので…)
こんな感じの理由でした。

【こんな事を聞いてきました】
●前半で興味深かったことは
■整理整頓のコツは以下の手順で
 ①出す(量を再確認するために、棚や箱から一旦すべて出す)
 ②分ける(使っているものor1年以上使っていないものに)
  ※ものは現在形で考える(→例えば痩せたら着れるかも…と未来形では考えない)
 ③しまう(使っているものだけをしまう。使っていないものはどこかにまとめる)
■収納スペースには使っているものだけをしまう

●後半で興味深かったことは
■資産を作る2つの方法
①デフレなら支出を減らす工夫:生活費の節約、ローンの見直しなど
②インフレなら収入を増やす工夫:運用方法の見直し、非課税制度の活用など
■NISAに適した商品 (←主催する金融機関の意見に賛成している訳ではありません…)
①長期分散投資により安定的な収益を獲得しながら
②収益の下振れリスクを抑制し
③市場環境の変化に応じてファンド内で自動的に資産を入れ替える

【やっぱり手数料高い商品】
今回のセミナーでは、某投資信託パンフが配布され、商品名を1度だけ読み上げた程度で、ゴリ押し感は
全くありませんでしたが、その商品は購入時手数料が約2%、信託報酬が約1.5%でした。
うーん、やっぱりNISAとセットで、手数料の高い商品を売りたい訳ですね。

役務収益確保のために、手数料の高い商品を勧めるのは金融機関としては当然なんでしょうが、
ネット証券会社ならノーロード投信からも選ぶことができるのに、こういったところで、購入されるのは、
やはり高齢者やネットに抵抗がある方々なんでしょうかね?

【結論】
今回のセミナーでは、金融商品のゴリ押しもなく、とても上品な感じの対応でした。
こんな感じのセミナーならば、たまに参加するのは、いいのかもしれません。
しかしながら、金融商品を選択するには、人に勧められたからではなく、
自分で情報取集をし、しっかりと比較して、自己責任で選択することが
大切なことだと、改めて実感しました。

※前の席の中年女性2人が、後半のセミナー中、ずっと話をしており、非常に不愉快でした。
係の人が注意してくれると淡い期待をしましたが、そのようなことはなく、後味の悪いセミナーでした。


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する