徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  スポンサー広告 >  備忘録 >  ANAビジネスソリューション『ANAの教え方』★★★★☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAビジネスソリューション『ANAの教え方』★★★★☆


ANAビジネスソリューション『ANAの教え方』★★★★☆

【目次】
1.ANAの先輩は、後輩の「サポーター」
2.ANAの先輩は、思い切って「任せる」
3.ANAの先輩は、一人を「チーム」で育てる
4.ANAの先輩は、「褒める、叱る」に心を込める
5.ANAの先輩は、自分自身も「教わる」

【内容より一部紹介】
・人財育成で最も大切にしているのは社員一人ひとりの「自律」 P21
 ※自律とは…自分自身で成長過程を考えて意欲的に成長すること
・リーダーよりもサポーター、トップダウンよりもボトムアップの方が、現場での対応力が上がる P22
 →臨機応変な対応(お客様ごとに正解が異なる)&意思決定のスピード(先輩に聞いていると遅くなる)
・答えは教えずに「質問」をする P26
 →問いかけをして考えさせることは、後輩が成長するうえでは効果的。自分で考えた経験は、
  やがてマニュアルを超えた知識となる
・現状に不満をもつ後輩には「正解がない問い」を投げる P34
 →抽象的な質問ほど、聞かれた相手が「自分はどう思うか?」を主体的に考え始めるから
・人が動くのは、「自分が心の底から納得したとき」だけ P37
・なぜその選択をしたのかを後輩に伝える(行動ではなく、行動のプロセスが大事) P43
・振り返りと共有では、よいこと→改善すべきことの順で話す P49
・「私にはできません」には「一緒にやってみようよ」 P52
・修羅場こそ、後輩に任せる P70
・後輩に任せるを単なる放任にしないために、組織としての方針を社員全員に明示しておく P78
・意思決定の場面では、ブレることなく、最優先事項を選ぶ。順守しようとした姿勢をねぎらう P81
・やってみせるの3ステップ P84
 自分で手本を示す→感覚を得るまで一緒になる→相手に任せる
・誰がやってもいいということは、誰もやらない危険がある P92
・基本が出来ているかは、その会社の根幹にかかわる P122
・チームの習慣は、悪いものほど早く伝染する P123
・後輩へのフィードバックは「書いて残す」(評価ではなく、事実を) P124
・小さな変化にきづいてあげる→今日のアドバイスを明日の目標に P128
・チームの一体感と対話した時間は、完全に比例する P138
・帰属意識がないと、人は頑張れない P140
・PDCA+S(Share) P143
・1つ叱る前に3つ褒める P159
・叱る:相手のことを考えたときに出る行動。つまり手段
・怒る:自分が思い通りにならないときに噴出する感情。つまり結果 P171
・聞き方の極意:叱る根拠を準備する、レッテルを貼らない、個室で話す P183
・Experience can help other あなたの経験が、他人を助ける。だから経験を共有する P198
・ベテランに教えてほしいと言われることで、相手は力を認めてくれたと感じてくれる P203

【感想】
ここ1年毎月ANAを利用していますが、言われてみると確かに!と思うことも多くありました。
私も部下を育てることが仕事のひとつであるので、明日から職場で早速実践してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。