徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  パックン:「貧乏にコンプレックス」 気になった日経新聞の記事より2017.02.06

パックン:「貧乏にコンプレックス」 気になった日経新聞の記事より2017.02.06

先日日経新聞を読んでいて、気になる記事がありましたので、備忘録として。

貧乏にコンプレックス  他人と違う道選んで勝つ タレント、パトリック・ハーランさん

■記事の見出しを見て
まず?ってなりました。
お笑い芸人(東工大で教鞭もとられていましたので、表現が適切であるかは微妙ですが)のパックンといえば、ハーバード大学を卒業しているので、何で?と思いました。アメリカの学費は非常に高額であるという漠然とした知識があったため、貧乏なのになぜハーバード卒業出来たの?という疑問でした。両親の離婚で、10歳から18歳まで年中無休で新聞配達をしていたようです。そして、大学卒業まで、金銭的なコンプレックスが心を縛っていたようです。(記事では学費ローンという記載だけで、詳細な記載はありませんでした。しかし、セレブで聡明なイメージのパックンが貧乏だったというのは、驚きでした。)

■記事の中で印象に残ったフレーズ
『人と同じフィールドで闘うと負ける。だから人とは違うことをする工夫を続けてきた』
『経済的に困窮する若者には「開き直りが必要」。それは「これがどうせ私の人生」と開き直るという意味ではない。
「今は苦しい状況にいても、これから先は自分次第」と思うことだ。』
社会的な成功の定義は難しいところですが、少なくともパックンは、様々な分野で活躍される方だからこそ、過去を振り返り、含蓄のあるコメントだなというのが、私の感想です。(以前NHKで放送されていた「英語でしゃべらナイト」の印象が非常に強くあります。)
子どもには、金銭的な不自由さを味わってほしくないという気持ちがありますが、仮に貧乏であったとしても、自分で人生を切り開いていける、「自立し自分で判断をできる」そんな大人になってほしいと願っています。そのためには、様々な体験をさせることが必要でしょうし、私や妻も、子育てという枠に捕らわれず、日々見分を広げていく必要があるんだろうなと思っています。

■最後に
パックンといえば、数少ないインデックス投資をしている有名人のようです。
ご参考:リンクをさせていただいているお二人の記事

水瀬さんのブログ:
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記):
インデックス投資家のお笑い芸人がいた!

なるたくさんのブログ:
低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors:
「分散投資をしていれば慌てることはない。」というパックンの一言にグッときた。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する