徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  田村潤『キリンビール高知支店の奇跡』★★★☆☆

田村潤『キリンビール高知支店の奇跡』★★★☆☆

田村潤『キリンビール高知支店の奇跡』★★★☆☆


【目次】
1.高知の闘いで「勝ち方」を学んだ
2.舞台が大きくなっても勝つための基本は変わらない
3.まとめ:勝つための「心の置き場」

【内容より一部抜粋・要約紹介】
・現場に本質がある/人間の能力は無限大である P21
・リーダーのこれだけは絶対にやってはいけないこと P30
 ①自分が考えて確信をもてることしか部下に言ってはいけない
 ②総花的な営業
→なぜこんなに負け続けているのか、その理由を探ることにまずは着手→現場の検証が必要
・やることを絞って、失敗したか成功したかを検証しないと、次に生かせない P34
→うまくいっていないことも、自分たちの選択のせいであることを認識、
 現状を自分たちの力で変えられることに気が付く必要がある
・接点を増やすしかいない P40
・目標とは達成できそうな範囲内ではなく、ビジョン実現のために設定する高い壁 P40
→チーム全員が力を合わせて取り組むプロセスが勝利への道となる
・負の連鎖を断ち切るためには、捨てるところは捨て、狙いを絞るしかない P41
・何のために一生懸命に、そしてなぜ仕事をするのか?という理念的なことを口にする P46
・管理を細かくするのではなく、自由に工夫させ、大事なのは約束した目標を達成すること P47
・相手の立場になって、何が喜ばれるかを考える→結果のコミュニケーション/戦略の絞り込み P52
・理念から生まれるビジョン(あるべき状態) P80
・行動スタイルを変える→視点や心の置き方を変えてみられるかどうか P103
・愚直に基本活動をしているだけ:一撃必殺があるわけではない P108
・わかりやすく今日の仕事に直結する具体的なものに人は影響される P128
・仕事とは理念に裏打ちされたビジョンを達成するもの P132
・会社間で差がつくのは実行力の差 P149
・主体性をもつ/結果をだすことにこだわる/基本を徹底する P150
・あるべきリーダー像 P157
 正しい決定を下せる/現場を熟知している/覚悟と責任感をもっている
・定番ブランドを考える基本は攻めではなく守り P161
・勝負時というのは具体的なデイテールがすごく大事 P165
・勝つための心の置き場 P172
 事実をベースに考えつくす/理念/ビジョン/腹をくくる/成功体験
 ブランドとは守りの思想/営業のイノベーションとは/リーダーシップの確信を支えるもの
 勝ちたいという執念/結果のコミュニケーション/最小のコストで最大の顧客満足を
 チームワーク/量は質に転化する/苦しいときの変革は地方から起こる
 顧客目線のシンプルな戦術/バックミラーを見ながら運転してはいけない
 動きのあるものとして捉える

【感想】
読んでみると奇をてらったことはひとつもなく、基本に忠実に、そして繰り返すことの大切さが書かれています。
実はこの本に書かれていることの多くを日頃、私の上司であるボスが言っているのです。
しかしながら、部署としては成果を上げることができず、ボスとともに、苦しんでいます。
いつかはこの地道な仕事が結果を出すと信じて、明日からも仕事に取組みたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する