徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。
徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中) TOP  >  備忘録 >  単身赴任をして感じたこと

単身赴任をして感じたこと

単身赴任を始めて早いもので1ヵ月が経過しました。
勤務先は各地に拠点があり、数年おきの転勤が避けられないため、結婚当初から
遅かれ早かれ単身赴任することになることは分かっていましたが、実際にしてみて
感じたことをまとめてみました。

■単身赴任によるメリット
・通勤時間が短縮された(現在はオフィスから徒歩圏内に住んでいます。)
・休日や退社後は自由に時間を使える
・自分の好きなタイミングで、好きなものを食べられる
・今まで以上にお互いを思いやるようになった
・自宅に帰ると、妻がとても気を使ってくれる

■単身赴任によるデメリット
・妻と過ごす時間が月に数日と限られる
・家事を全て自分でこなす必要がある(今までは分担していました。)
・食生活が偏る(不健康にならないように気をつけているつもりですが…)
・光熱費や食費などが今までよりも多くかかる(まだ検証出来ていませんが…)
・赴任先~自宅の交通費一定支給されるものの給与課税される

■終わりに
単身赴任を始めてから、GW中に初めて自宅に戻りましたが、1ヵ月振りの
自宅でゆっくり過ごすことが出来ました。やはり自宅が一番落ち着きますし、
隣に妻がいる生活がどれほど貴重なものであったのかを実感することが出来
ました。これからは、今まで以上にお互いを大切にしていきたいと思ってい
ます。

※現在の勤務地にどれぐらいのが任期であるのか、次の勤務地がどこになるのか
全く分かりませんが、おそらく3年ぐらいで転勤になるのかな?と思っています。
就職活動をする際には、勤務地や転勤有無・頻度といった観点で考えたことが
なかったので、これから就職活動する皆さんには、そういったことも含めて考え
就職活動をされることをおススメいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する