徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

2016.8末実績 401K

20160831 401

かなり遅くなりましたが、8月の実績です。
年金保険からのスイッチングも終了しましたので、今後は毎月の拠出額を
淡々と、そしてコツコツと積み上げていくだけです。

運用益が非課税な401Kで元本保証商品を保有するのは、各種本ではおススメ
されていませんが、老後の大切な資産の一部になるはずなので、それらの商品に
毎月の拠出はしませんが、これまで拠出した分があると、世界的な株価下落時に
全体としての評価損が和らぐ緩衝材になりますので、多少は保有をしておきたい
と思っております。
スポンサーサイト

3度目の正直で住宅ローンを借り換えました(驚きのセールスもありました。)

■借り換えをしました
昨年末と今年3月に住宅ローンの借り換えを検討していましたが、結果として
メリットが表れていなかったので、借換えをしておりませんでした。しかしながら、
今年7月ごろから更に住宅ローン金利が下がったため、下限だろうと思い、
再度借換えを検討したところ、
・諸経費を考慮しても返済総額にメリットが生じたこと
・これまでは10年固定と変動のミックスローンだったのを10年固定に一本化し
 将来的な金利上昇時に今までよりも対応しやすくなったこと
以上より先月末に、住宅ローンの借り換えをしました。

これまでも3回ほど繰り上げ返済を行ってきましたが、今後も無理のない範囲で繰り上げ返済を
行っていきたいと思っています。
(9月のローン金利は8月に比べると上昇しており、結果として良いタイミングで借り換えが出来ました。)

■要した手間&暇など
金融機関によって借り換えのために必要な資料は異なるとは思いますが、
新規時と異なっていたのが、
①返済予定表
②返済実績を確認するために必要な通帳
でした。①は直ぐに用意が出来ましたが、残念ながら我が家では決済用口座から
現金を入出金することがほとんどなく、通帳記帳もあまりせず、WEB明細を印刷して確認をしていたため、
通帳記帳の手間がかかりました。(借り換え前の金融機関は平日のみしか通帳記入ができなかったため。)

借り換えから実際の融資実行までは、WEB審査から起算すると約1.5か月、書面で正式な申し込みを
起算にすると約20日でした。店舗を実際に訪問したのは、正式申込時(本来は郵送で可能でしたが)と
実際のローン契約時の2回でした。借り換え当日は、それぞれの金融機関と司法書士が実際の手続きを
されたため、立会などは発生しませんでした。(金融機関により異なりますので、各自ご確認ください。)

ローン契約時に保証料を前払いしている場合には、借換え時に手数料を差し引いて返金される場合も
ありますので、念のためご確認ください。

また、給与振り込口座を変更することになったので、各種引落口座の変更手続きをしている最中です。

■ローン契約時に驚いたこと!!
ローン契約時に金融機関から当然のことながら、延滞利息についての説明がありましたが、今回はなんと、
「延滞しそうであれば、延滞利息金利より低金利な銀行カードローンがありますから是非、ご検討ください。
必要であれば、事前に手続きも可能ですがいかがでしょうか?」という銀行カードローンのセールスがありました。
(勿論、「そうならないように、心がけますので、案内不要です。」とやんわり断りました。)

たしかに延滞利息の金利は14%程度ですから、銀行カードローンの方が金利が低いのは事実ですが、
「延滞の可能性がある場合には、速やかにご相談いただき、ローン条件見直しなどもご相談に乗ります。」
というアドバイスの方が望ましいのではないかと思います。

金融機関社員が様々な極めて厳しいノルマを課せられているのは十分に理解していますし、金融機関も営利
目的ですし、少額ながら私も当該金融機関の株主なので、利益を出しもらうことが大切なことは理解しています。
またローン金利低下や国債利回り低下に伴う運用環境の悪化など、金融機関を取り巻く環境が厳しいのは
分かりますが、お金を期日通りに返せない人に、別なローンを勧めるのは、何とも違和感を覚えました。

※ちなみに、10年固定/0.35%/借入額1000万円/元利均等の場合、支払利息合計は約18万円です。
つまり1年あたり1.8万円しか利益を生み出さず、メンテナンスコストや書類提出時に1時間、正式契約時に
1.5時間、金融機関社員の時間を拘束している訳ですから、住宅ローン以外のセールスにも熱心になるのも
分かります。

※当該金融機関からは、「仮に転勤となって、一時的に他人に当該物件を貸し出す場合には、全額一括返済を
求めませんが、運用目的などで恒常的に他人に貸し出す場合には、全額一括返済をしていただくことに
なりますので、ご注意ください。」と説明がありました。