徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12運用成績 

201512.gif

■個別株を4銘柄ほど購入しました。そのうち2銘柄が新規購入銘柄です。

■既に積立は中止していたセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを全量売却しました。
税引前で約10%の利益を確保しました。投資を始めた初期のころからのファンドであり(結婚前にも一度全量
売却をしたことがありましたが…)、非常に思い入れがあり、かつ投資信託自体や中野社長のスタンスも
好きではありますが、昨今より低コストのインデックス投信が発売されており、それらに集約していくことにしました。

■ドル建て米国債券を売却するタイミングを逃してしまいました。本当は税金のかからない
今年中に売却する予定だったのですが、仕事がバタバタしており失念してしまいました。

■SBI証券で単元未満株をコツコツ購入していますが、単位株となったいくつかの銘柄を松井証券へ
移管手続きしました。松井証券では1日の売買が10万円以下だと手数料無料になるため、
投資方針に則り、利益が20%以上出た場合の売却に備えた対応です。
スポンサーサイト

住宅ローン借換検討と個人年金保険

■住宅ローン見直し…
先日より住宅ローン借換を検討しておりまして、ネットで2行ほどで見積と簡易審査をしてみました。
すると手数料を差し引いても、借換メリットがあると判断し、そのうち1行へ妻と一緒に相談に行ってきました。
休日も営業しているローンプラザ的な店舗です。
(ネット上では、相談はせず、借換え決めてから店舗へという記事もありましたが…)

現在は変動金利と10年固定のミックスローンで借り入れをしておりますが、
先日の米国利上げをきっかけに、長期的な視点で考えるといずれは、日本でも金利が上昇するのではないか?
と思っており、変動金利にやや不安を感じたのが、そもそもの検討のきっかけです。

返済計画表を持参して、現在のまま続けた場合と、借換えた場合の比較をシュミレーションしていただきました。
すると、事前に自分でネット上から行った試算とは異なり、現在のまま続けた方が有利との結果になりました。
個人的にはいずれかのタイミングで変動から固定に切替をしたいと思っていますが、様子を見ることにしました。
計算結果に差が出たのは、おそらくネット試算では、現在のローンが元金均等か元利均等であるかや、
ミックスローンの入力方法が正確ではなかったためと思われます。

商売にならない客に丁寧に説明していただいた行員の方に感謝しつつ、その銀行への印象がとても良くなりました。
インデックス投資家の中には、窓口で高い手数料かつ毎月分配型かつ複雑な投信を、金融リテラシーの高くない
お客さまへある意味売りまくっている印象があるためか、銀行員に決して良い印象をお持ちでない方が少なからず
いらっしゃると思われますが、今回対応いただいた方の誠意ある対応に感謝しております。

相談を終えて帰宅途中に妻から、「年明け早々に繰り上げ返済をしましょう。」と言われ、家計の無駄を省いて
早期返済に向け、お小遣いUPおよび冬のボーナスからの一時金支給は極めて難しい状況になりました。

■個人年金保険を解約
今から約8年ほど前に、保険や金融関連の知識がない頃、某生命保険会社で個人年金保険を契約しておりました。
毎月1万円の保険料を払込み、60歳から5年間毎年約100万円がもらえるという商品でした。
経済コラムニストの大江英樹さんの著書に記載されていたこともきっかけの一つですが、
「この商品、本当に意味があるのだろうか?」「自分で毎月投資信託等を積立てた方が良いのではないか?」
と思うようになり、色々と考えた末に、妻とも相談して、解約することにしました。

払込保険料よりも解約返戻金の方が少なく(約10%のマイナス)、実際に解約手続きのために生命保険会社へ
連絡先した際にはちょっとだけ躊躇もしましたが、思い切って解約手続きをしました。
解約返戻金をどのように運用するのか、今後の払込保険料相当額をどう運用するのかはまだ未定ですが、
この年末年始に、現在の保有資産チェックもしながら考えてみたいと思っています。
個人年金保険には要件を満たせば保険料控除の対象となる商品もありますが、残念ながら、
私の契約していた保険内容では対象外だったため、保険料控除についてのメリットは考慮しませんでした。


ちなみに万一、生命保険会社が破綻した場合に備えて、生命保険契約者保護機構があり、
高利回り商品でない場合は、破綻時点の責任準備金等の90%まで補償される事になっています。
※払込保険料ではなく、責任準備金等の90%です。

コツコツ札幌に参加してきました!

この週末に大江英樹さんを迎えて札幌で開催されたコツコツ札幌に初めて参加してきました!

201212002.jpg

■美味しいものが沢山!
北海道に転勤となった後輩の案内で、札幌市中央卸売市場にある食堂で海鮮丼をいただきました。
とても美味しかった!外国人観光客も結構来ていました。
201512001.jpg
そのあとは大丸百貨店地下にあるKINOTOYA Cafeで、パフェをいただきました。

■ブルックナーを聴く
札幌コンサートホール Kitaraでの札幌交響楽団の第584回定期演奏会を聴きに行きました。
素晴らしい音響のホールで、大変素晴らしい演奏でした。
 指揮:マックス・ポンマー
 ピアノ:ゲルハルト・オピッツ
  ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番
  ブルックナー:交響曲第4番(ハース版)
ピアノから始まる冒頭のこれまで聴いたことのないような、優しい柔らかい独奏でした。
ブルックナーは2ヵ月前にウィーンで聴いた、リンツ・ブルックナー管弦楽団より上手い演奏だったと思います。
金土と2日連続同一プログラムですが、1・2階席は結構お客さんが入っており、集客力には驚きました。
こんな素敵なホールで毎回演奏が聴けて、札幌の皆さんは本当にうらやましい!

■本題のコツコツ札幌に参加
11名の参加で、私と同年齢かつ初参加の方もいらして、2次回を含めて大変楽しい時間を過ごすことができました。
たまたま大江さんのお隣に座らせていただき、様々なお話をする機会に恵まれました。

私が聞いていて、印象に残った話題を少し以下に列挙します。
・401Kの企業導入研修では、投資商品や運用知識ではなく、まずは社会保険や退職金制度を知らせるべき
・ほったらかし投資は、試行錯誤し自分のリスク許容度を実体験してからすべきで、最初からするのはやや問題
・退職金運用デビューは絶対にダメ
・聞き間違えによる某地銀からの電話メモがウケる!
・クレディセゾン&マネックス&バンガードのラップ?は何がしたいのかよく分からない
 →でも考え方によっては、セゾン投信の知名度が上がってきたってこと?(誤認を与える可能性有?)
・仕事をしているが日常業務の中ではなかなか、やりがいが見いだせない
・イケメンFP登場?(最初は聞き入れられやすいが、イケメンよりはどこか人なっつこさが本当は必要?)
・個人年金保険や持株会をやめました
・テリーさんは伝説!(JALとANA)
※ブルジュ・アル・アラブにアクセス方法を問い合わせたら「大丈夫です!ヘリポートのご用意があります!」(爆笑)

■余市蒸留所
翌日は早起きをして、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ。
(私は基本的にお酒飲めないのですが、モノづくりや大人って感じがして蒸留所やワイナリー見学は好きです)
201512003.jpg
201512004.jpg
201512005.jpg
NHKの連続テレビ小説マッサンの舞台となった蒸留所です。
真冬と真夏は温度管理が難しく蒸留施設は休止するそうですので、事前に確認されることをおススメします。
試飲は3種類できるようですが、私は1種類に水&氷を入れて、味見しましたが、そもそもお酒が飲めないので、
味や香りを楽しむことはできませんでしたが、帰りの列車では、ほろ酔いで気持ちよく居眠りをしておりました。

■新千歳空港から
ランチは空港内の海鮮料理屋でいただきました。
201512006.jpg
飛行機搭乗直前に、スタアラ塗装機がやってきたので、一枚パチリ!
201512007.jpg
弾丸でしたが、密度の濃い、趣味の世界を堪能できた2日間でした!

2015.11末実績 401K

201511.gif
※今回から総合計の損益の計算方法を変更しました。(これまでの総拠出額と評価額での損益に変更しました。)
※これまでは各商品毎の合計投資額(商品変更での売却含む)と評価額で計算していました。
 ちなみにこれまでと同一の方法で計算した2015年11月末時点での損益は5.7%でした。

積立傷害保険もあと少しになってきました。年内には全量売却予定です。
毎月何も気にすることなく、こうしてコツコツと積立てられていくのは、非常に楽です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。