徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.8運用成績

20150828.gif
最終日は多忙のためチェックができませんので、2015.8.28時点の成績です。
(今月から集計方法を変更しました。)

■日経大幅下落を受けて
どこかのタイミングで購入が出来たらいいなと思っていた単元未満株を新規で2銘柄購入。
これまで購入していた単元未満株は6銘柄購入。ちょっとやりすぎたような気もしますが、
まだまだリスク資産の割合が低く、長期投資を考えているので、まあこれぐらいよいかなと思っています。
また上記以外に購入できないだろうと思っていた銘柄がこの大幅下落で約定してしまいました。
結果として、現時点では含み益が出ていますので、今のところは結果オーライです。
次月からは、投資方針に則り、粛々と積立をしていきたいと思っています。

■極めて少額ですが
VEA VWO VTI PFF を購入しました。
(PFFは積立対象ではありませんでしたが、株価大幅下落を受けて、ちょっとだけ購入しました。)


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

冨田賢 『世界のエリートが教えるちょっとした仕事の心がけ』★★☆☆☆


冨田賢 『世界のエリートが教えるちょっとした仕事の心がけ』★★☆☆☆

【目次】
1.エリートの考え方は誰でもすぐに実践できる
2.トップ1%が実践している思考の習慣
3.年収2000万円プレーヤーの仕事の心がけ
4.世界のエリートが実践している問題解決の手法
5.その他大勢から抜け出すコミュニケーションのコツ
6.勝つエリートのお金の使い方
7.どんな時代でもちょっとした心がけで君は勝てる

【内容より一部紹介】
・エリートは総じて、礼儀正しく、人に親切 P30
・エリートは自分が自分がではなく、人のことを考えて、相手の立場になって行動できる P31
・エリートはルールや時間をきっちり守る P32
・学生時代は優秀だったが、社会人となって普通になる日本人は、努力の方向性が誤っている P37
・エリートは決断がスピーディー P43
→自分がやりたいこと、会社にとって良いこと、成長のために必要な要素を常日頃から考えておく
・考え方を変え、行動を変えれば、成果が変わる P48
・平均の追求や弱点の克服は現実のビジネスの世界では不要 P55
・成果が出ない人は、努力の継続の仕方が悪い P61
・自己投資をケチらない、本は自己投資で一番安い P62
・エリートは失敗を恐れず、人と違うことし、ブレイクスルーを見つける P65
・悔しい思いをして、それを心に刻みこむことが必要 P66
・お金は浪費しないが、便利になるものにはお金を使う人が多い P72
・速いことは完璧よりも重要 P81
・優先順位をつけることが大切 P85
・睡眠時間は削らない P91
・ポイントは3つに絞る P101
・意見が対立する時は、正面から反論せず、「そういう考え方もある」とまずは受け入れる P103
・自分の経験や知識で問題解決しようとしない P112
・現状把握と分析をする P118
→参考になりそうな事例を探す
→事例を要素に分解して分析する
→本質や教訓を抽出する
→自分の問題に応用する
・エリートはせっかちだが、几帳面で、図式化する P126
・異質な人、異質な組織、異なる文化の人と交わる P172
・反論は基本的に疑問形にする P184
・自分の価値観に基づいて、それに従って行動できる P199
・費用対効果だけに固執せず、広がり感のあるお金の使い方をする P204
・趣味や興味の多さは最高の武器になる P222
・インプットをしたら、必ずアウトプットをする P222
・自分にとって幸せとはどういうものかを考えておく P226

【感想】
エリートとはいえ、特別なことはなく、ちょっとした違いであることが綴られています。
もともとの環境や素質が影響することは否定できませんが、本書で紹介されていることをコツコツと
実践できたら、エリートになれないとしても、出来るビジネスパーソンには成れるような気がします。
ふとした時に思い出しながら、これからも読書を続け、こうしてブログで紹介することで、
アウトプットを続けていきたいと思います。


インデックス投資 ブログランキングへ

コツコツ京都に参加してきました(3回目です。)

昨日開催された、コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin京都 vol.16に参加してきました。
今回も京都観光を兼ねて、よい気分転換になりました。

【高級ランチを堪能】
ランチは京都在住の後輩が勧めてくれた、千本今出川から徒歩5分ほどのお店へ。
4,000円のコースでしたが、カウンターで板長や若旦那さんや女将さんとも会話を楽しみながら、
季節や素材の良さを感じさせる、手の込んだお料理を大変おいしくいただきました。

正直なところ、料亭で食事をいただいたことがこれまで数回しかなく、作法や振る舞いをわきまえていませんが、
楽しくお話をしながら、とてもリラックスした状態で過ごすことができました。日本というか京都ならではの、
おもてなしを受けた、そんな印象を持ちました。

これまではご年配のお客様が多かったようですが、最近では若い世代の方も増えているようです。
メニューも若旦那さんが考えているそうで、お料理の説明や京都の文化や風習など話題も盛りだくさんでした。
(あまりに美味しく写真を撮るのを途中まで忘れていました。)
伝統を継承していくことはお店側も大変だと思いますが、お客さんんも世代交代が必要なんですね。

【梅小路蒸気機関車館へ】
今月末で閉館されるので、記念にもう一度と思い行ってきました。(多分3回目か4回目です。)
この日は、夏休みということもあり、親子連れが多くいましたが、それ以上に、鉄道ファンが大挙していました。
蒸気機関車の体験乗車もかなり時間がかかりそうでしたので、何枚か記念に携帯で写真を撮って退散。

暑い夏でもあり、汗も気になっておりましたので、京都駅前にある京都タワーの地下にある銭湯へ。
料金は750円でフェイスタオルが1枚ついてきます。16時頃でしたが、結構お客さんが多く混んでいました。
夜行バス乗車前、降車後などに利用するなど、意外と使い方がありそうな、そんな銭湯でした。

【コツコツ京都へ】
3回目の参加ということもあり、以前お話した方も数名いらっしゃったので、とても楽しい時間を過ごせました。
私がいたテーブルでの話題は、
・結婚のメリット・デメリット
・お小遣い制か否か
・暴落時に追加資金を投入できるか
・リスク資産の割合はどれぐらいか
・個別銘柄選定時の基準や損切や保有期間
・毎日証券会社のWEBにログインして損益見ているか否か
・毎月分配型を勧める金融機関ってどうなの?
・単元未満株は指値できないが、どのタイミングで購入するのか
などなど、非常に充実した時間となりました。

【ブロガーの方も参加されていました】
koma22さん「悠々優待」
livamozさん「インデックス投資関連の備忘録と趣味の旅行記」
ローズマリーさん「インデックス投資と本とローズマリーの日常」
くは72さん「4+4=6でもない。8はパーなのだ。」

短い時間ではありましたが、それぞれの方にもご挨拶させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【お土産】
ランチを一緒にした後輩からは、地元の方が長蛇の列をつくるという、ふたばの大福をいただきました。
とても柔らかく、品のある味がする、逸品でした。
そして、私が後輩&職場へのお土産にチョイスしたのは、千本今出川からすぐにある、
越後家多齢堂のカステラでした。
とてもふんわりしていて、舌触りも良く、大変おいしいカステラでした。
長崎の福砂屋に負けないカステラです。これからも京都に行ったら、これをお土産にしよう!


インデックス投資 ブログランキングへ

ブロガー名刺、新しく作成しました

このところ、インデックス投資家が集まるオフ会に参加する機会が増えております。
以前も名刺は持参しておりましたが、なかなか渡せていないこともありました。

明日開催される、『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin京都』に参加することが決まっていたので、
この際、改めて名刺を作成しようと思い、この界隈では複数の方が利用されている、
神戸にある前川企画印刷さんのブロガー名刺を注文し、先日無事に納品いただきました。

詳しくは以下のリンクをご参照ください。
ブロガー名刺、送料込みで1000円から!

デザインとカラーのざっくりとしたイメージをお伝えし、数回のやり取りを経て、完成しました。
ブログにも記載されている通り、何度も修正をお願いすることが出来、大満足な出来上がりです。

明日、コツコツ京都に参加される方、何卒よろしくお願いいたします。

インデックス投資 ブログランキングへ

西村 克己『「持たない」で儲ける会社 現場に転がっていたゼロベースの成功戦略』★★★★☆


西村 克己『「持たない」で儲ける会社 現場に転がっていたゼロベースの成功戦略』★★★★☆

【目次】
1.弱みを発想のツールにする:逆転のビジネス
2.人に先んじて常識を破る:奇襲のビジネス
3.「しかもタダ」と売り伸ばす:無料ビジネス
4.格差を教えて埋めて儲ける:ギャップビジネス
5.他人の資源で利益を上げる:持たないビジネス
6.ルールを決めて親になる:胴元ビジネス
7.勝てる戦いしかしない:戦略ビジネス

【内容より一部紹介】
・(孫氏の兵法)地の利がわかった場所で戦え、身の丈に合った国づくりをめざせ
→(現代ビジネス)自分の得意領域で戦え、自社の強み弱みを理解して身の丈に合った経営をめざせ P16
・ランチェスター戦略:小資本の場合、一点集中、一点突破のほうが功を奏しやすい P19
・ヘビークレーマーは利用頻度の高いヘビーユーザーでもある
→バグを見つける名人→よき開発支援者→有能な人材を選び社員登用(マイクロソフト) P22
・ニッチ市場は規模が小さく強者があまり注目していない市場で競争環境がゆるく、弱者が主導権を取りやすい P26
・事業を高値で売却し、豊富な資金で、10年先に繁栄する事業を今から仕込む(GE) P38
・グーパーチョキ理論:
 グーで一点集中し成功モデルをつくり
 パーで水平展開
 利益が伸びなければチョキで縮小撤退 P44
・「吸引力が強い」のではなく「吸引力が低下しない」点をアピール
→エッジが立ち、ウェッジが効いている。特徴を鮮明に打ち出し差別化を図り、ブランド力を高める P47
・ジレットモデル:最初はタダ、追加のサービスを求める顧客に、追加料金を払って買わせる
→フリーミアム:基本的な機能は無料で提供し、さらに高度な機能を使いたければ課金される(PDF) P70
・ナンバーワンになり主導権を取り、市場を自社に有利なようにかえていく P74
・競争回避のために、顧客の利用機会を独占することが効果的 P87
・セブン銀行の発想のすごさは、ATM利用者→金融機関と顧客の定義をかえたこと P94
・ギャップを見つけるヒント
 技術上のギャップ、業績上のギャップ、認識のギャップ、ニーズのギャップ、情報のギャップ、価格のギャップ P99
・一過性のものと普遍的なものを区別することが大切(例:安全・安心・健康志向) P114
・新製品を出すときにネーミングを募集するのもプロシューマー構造
→知名度アップに貢献する(例:東京スカイツリー) P126
・他人や他社の利用しやすい資源→ヒト、モノ、カネ、情報
→所有から利用の時代へ:持たざる経営、身軽な経営こそ21世紀の成功の秘訣 P128

【感想】
経営学や企業戦略をこれまで学んだことがなかったので、この本を通じて新しい視点を得られたように思います。
個別株の企業分析などにも、その思考プロセスは役に立てるのではないかと思います。
ビジネスは面白い!そんな風に思える1冊でした。

インデックス投資 ブログランキングへ

2015.7運用成績

201507.gif
■単元未満株を7銘柄購入
そのうち4銘柄は初購入の銘柄となりました。
残り3銘柄はこれまで購入した銘柄の買い増しになります。
一進一退を続ける日本株ですが、ある程度リスクを取ることを覚悟し、
長期保有を考えており、これま保有している銘柄とのバランスなども考え、
配当が期待できる銘柄、成長が期待できる銘柄、将来的に東証1部へ昇格する可能性がある銘柄
などを選んでおります。

■米国ETFをコツコツ購入
VTI、VYM、VWOを少額ずつ購入しました。
毎月少額ではありますが、コツコツと購入していきたいと思います。

インデックス投資 ブログランキングへ

2015.7末実績 401K

201507 401k
7月は2回に分けて外国債券を売却し、外国株式と年金保険にスイッチしました。
8月も残りの外国債券を売却する予定です。
なお、全商品合計の当初からの運用利回を調べたところ3.58%、直近1年間は4.17%でした。


インデックス投資 ブログランキングへ

小池正一郎『香港で実現する究極の資産防衛 』★☆☆☆☆


小池正一郎『香港で実現する究極の資産防衛 』★☆☆☆☆

【目次】
1.日本国内で買える海外金融商品に多い劣化コピー版
  あなたは国際分散投資でこんなに損をしている
2.本格的な国際分散投資を妨げる日本の「金融規制」
3.海外の金融機関に直接講座を持つことが、
  世界の富裕層と同じ環境で資産を防衛する第一歩
4.資産防衛の拠点として「香港がベスト」といえる理由
5.香港なら投資の幅が桁違いに広がる
  世界の富裕層が資産防衛のために買っている金融商品とは
6.日本人のための香港口座の作り方&使い方
7.相続・贈与税、消費税、キャピタルゲイン課税まで全部ゼロ
  香港移住で享受できる絶大なタックスメリット

【内容より一部紹介】
・分散投資とは金融商品・時間・対象・通貨の分散 P14
・円はこれまでほど安定した通貨ではなく、国際分散投資なしには資産を守れない。 P18
・海外で売れ行き好調なファンドは、わざわざ規制の厳しい日本で販売する必要がない。 P24
・日本の投資信託のコストが高まっている背景には、商品の仕組みが複雑である。
 運用にも、顧客への説明にも手間や時間がかかり、コストに転化されている。 P29
・国際分散投資は、商品の選択肢の豊富さから、投資環境のの整備された金融先進国で行う。 P35
・資産防衛という観点では、高い運用益や利回りを目指すだけはなく、長期間にわたって
 安定運用できる商品を、ポートフォリオのコアに据えることが重要。 P39
・世界の富裕層は、極端に資産を増やすことよりも、失いたくないという防衛の意識を強く持っている。 P40
・香港は金融機関から見ると以下絶好の条件がそろっている P81
 ①自由な金融活動が可能な環境を確保できる
 ②情報の収集が簡易である
 ③投資機会が豊富である
 ④有能な人材を集めやすい
 ⑤比較的軽課税である

【感想】
個人投資家レベルでは香港口座を開設しても節税メリットはない、日本居住者が海外で保険加入は法令違反であると、
香港での資産運用について正直に紹介をされていると思います。しかし、正直なところ、本書を読んだところで、
私個人としては香港での資産運用メリットを実感するには至りませんでした。

インデックス投資 ブログランキングへ

トルコで考えたこと、感じたこと

※資産運用とは極めて関係の薄い記事です。

先日、一足早い夏期休暇を取得し、9日間ほどトルコへ旅行に行ってきました。
普段であれば、航空券・ホテルなど全てを自分で手配する個人旅行ですが、今回は妻も一緒ということもあり、
添乗員付きのツアーに参加してきました。

【旅行前のトルコのイメージ】
・イランイラク戦争の際に、テヘランから邦人救出の特別便を提供してくれた親日国
・イスラム教を深く信仰している
・観光地でのスリや置き引きなど軽犯罪が多い
・シリアと国境を接していることや、クルド人問題などでテロも頻発している
・遺跡が多数ある
・BRICsに次いで、今後経済成長が見込める国

【実際にトルコに行ってみて感じたこと・知ったこと・思ったこと(順不同)】
・イスラム教を信仰は人により、かなり自由であり、ラマダンや1日5回の礼拝をしない人もいる
(個人の自由であり、多様性が認められているように感じました。)
・イスタンブール市内の渋滞が日常化しており、交通インフラ整備が急務
・鉄道網が十分には発達しておらず、道路も舗装されていなかったり、形状が悪い箇所も多い
・現大統領は22時以降のアルコール販売禁止を定めた
・現地ショップの若者店員(大学で日本語を専攻中)と雑談をしたが、日本に興味を持つ若者はどこにでもいる
 →出来れば憧れを持たれる、そんな日本であり続けてほしいと思いました
・観光地では現地通貨以外にもユーロやドルも使用できる(日本人相手なら日本円もOK)
 →外貨獲得はトルコ経済にとって重要であると実感
・トイレがお世辞にもキレイであるとは言えない
 →もしかしたら、これを気にしているのは日本人だけかもしれません
 ※トルコ版ウォシュレットが多くの便器についていましたので、
  日本からの今後の有力なウォシュレット輸出先になるのでは?
・イスタンブール空港は慢性的な混雑が発生
・搭乗手続き以前に、そもそも空港ターミナルに入るために、セキュリティーチェックがある
・ホテルに入るにもセキュリティーチェックがある
 ※ただしブーとなっても、どうぞ~と笑顔で入ってよいと促されるため効果があるのか不明でした
・遺跡が本当にたくさんあるが、過去の経緯から、重要出土品が国外に持ち出されたまま

【追記】
普段は個人旅行なので、現地の人がどのように考えているのかなどを知ることがありませんが、
今回は日本からの添乗員以外に、現地人日本語ガイドさんがいらしたため、トルコについて
様々なお話を聞くことができ、大変勉強になりました。

ISISやテロなど様々な問題を抱えたトルコではありますが、イスタンブールなどの観光地では、
警察官や軍人が警備をしており、ツアー参加者は誰一人としてスリなど犯罪に巻き込まれませんでした。
イタリアやフランスよりも治安は良いのかもしれません。

インデックス投資 ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。