徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.3運用成績

月末が平日で時間が取れそうもないので、少し早いですが、3月の実績を。

201503.gif

価格を見ながら定期的に極めて少額ずつETFを指値で購入しております。
今月は2銘柄購入しました。この先、株価はどうなることやら。
暴落したら個別株をいくつか購入したいと思っていますが、なかなか難しそうです。

インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

このところ更新が出来ておりません

■仕事が忙しくて…
週末には1週間のお小遣い履歴を残してきましたが、それすらブログにUPできておりません。
3月末決算企業なので、この時期は例年、決算対応など通常月よりも業務量が膨大になります。
そのため2月下旬から先週まで毎日のように残業をしており、自宅でネパソコンに触れる時間がほとんど
ありませんでした。ということで、お小遣いについては今月は月末に1か月分をUPしたいと思います。
(毎朝7時前から21時ぐらいまで仕事をしており、人事部から長時間労働注意メールがきました…)

■コツコツ積立は粛々と
仕事が忙しく、平日はプライベートなことに費やす時間もありませんが、こういう時でも、
毎月拠出している投資信託や401Kは着実に、コツコツ積立られております。
今更ながら、コツコツの威力を思い知りました。
相場を見ながら、様々な角度から分析をして、個別株式を購入して、配当と利益を追求するという方法も
ありますが、このように時間の創出が難しいサラリーマンには、コツコツ積立はうってつけだと思います。

■ベア要求よりも
このところ、大手企業を中心にベア要求する旨の報道がなされております。
わが社は今年度のベアアップがなかったので、来年度は組合がベアを要求しており、
どの程度の水準になるかは不明ですが、ベア要求がなされそうです。

しかし、どの部署も人員削減、個人の生産性向上を求められ、現場は疲弊しきっています。
長時間労働の傾向が顕著で、マンパワーに依存する傾向が高く、モチベーションも上がりません。
正社員を新規採用することは難しいとは思いますが、ベア要求よりも、パート社員を雇用し、
少しでも負担感を軽減することが今一番求められているような、そんな気がしております。

■次年度は
私の部署でも上位役職者が転勤するものの、後任がなく減員となります。
実質実務を取り仕切る役目が今まで以上に私にも回ってくることになりそうで、
身の引き締まる思いがする一方で、これまで以上にストレスを感じることになりそうです。
自分としては、ある程度のストレス耐性もあると思っていますが、心身ともに健康で過ごせるように、
あまり無理せず、効率的な業務運営を心掛け、早朝出勤をして、退社時間を早めていきたいと思っています。


インデックス投資 ブログランキングへ

2015.2末実績 401K

401201502.gif
401Kの2015.2末実績です。
開始当初からの運用益は11.2%です。
マッチング制度がどうやら下期から導入されることになりそうです。
正式に決まったら、拠出割合なども改めて検討したいと思います。

2015.2運用成績

201502.gif

今回から今までNISA口座で積立をしてきたニッセイ外国株式インデックスファンドの一部を特定口座での
購入に振り分けることにしました。(NISA口座の活用はもう少し時間をかけて研究しようと思います。)
それ以外の特定口座の投資信託は基本的に国内債券のみなので、それを別管理することにしました。

■持株会売却について
持株会の売却第2弾を実施し、昨年末保有から考えると残りは約1/3となりました。
今回の売却では約33%の利益を確保することが出来ました。
(売却後も株価は上昇していますが、いつまで続くか分かりません。
相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあるそうです。)

会社から給与をもらい、持株会もコツコツやっておりますが、会社の業績が悪化し、
給与面からの不安となった際に、株価もおそらく急落していることでしょうから、
あまりにリスキーであるため、少しずつ売却を進めております。次回の売却は
決算を跨ぎ、配当がもらえるようになってから、と思っています。

■海外ETFも視野にいれつつ…
VTやFMなども気になっていますが、なかなか踏み出せません。
ブログを拝見していると、こんな記事がありましたので、ご紹介します。
ブログ「ホンネの資産運用セミナー」さんの
「国内上場ETFを使ってバンガードVTに近い運用&維持コストを実現できるか?」
VTを購入しなくとも、国内ETFで対応することが可能なようです。
じっくり考えていきたいと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。