徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.1運用成績

201501.gif

持株会に全体が左右されている状況が続いております。
分散投資を心がけなければいけません。

【その1】
持株会について約1/4を売却しました。
なかなか約定しませんでしたが、約定した次の日以降、かなり値上がりしていました。
やはり売却のタイミングは難しいものがあります。
売却後はどのように運用しようかまだ決めておりません。
【その2】
ETFを2銘柄、少額ですが購入しました。
購入してから、下落しており評価損を抱えております。
まあNISAの5年間で利益が出ればいいと思っておりますので、気長にいきます。

※国内債券ファンドで、一部わずかながらマイナスになっているものが…。
購入と評価時のたまたまかもしれませんが、基本的にはマイナスにならないと思っていただけに、意外でした。
やはり国内債券といえども、リスク資産であることを改めて実感しました。
スポンサーサイト

2015.1.24実績

下記家計簿には記載しておりませんが、約2年ぶりに麻布テーラーでワイシャツをオーダーしてきました。
やはり店員さんとお話をしながら、イメージを実際に形にしていくのは楽しいものです。
もともとファッションに気を全くと言っていいほど使っておらず、私服はユニクロかイオンあたりが中心ですが、
会社に着ていくスーツなどは、実は気を使っております。服装の事でケチをつけられたくありませんし、
限られた範囲内で、おしゃれを楽しんでおります。以前はスーツもオーダーしておりましたが、
予算もかなりかかりますので、最近はワイシャツとシューズのオーダーのみです。
(形状記憶ではないためクリーニングに出しており、経費削減のさなか、妻からは不評です。)

あと1週間、予算内で過ごせるかやや心配です。
0124.gif


インデックス投資 ブログランキングへ

2015.1.17実績

この週末は実家に帰省していたので、ブログ更新が滞ってしまいました。
これからはなるべく貯めずに定期的に更新していきたいと思います。
0117.gif

その他には、もうここ5年ぐらい通っている美容室代を計上しております。
東京に帰る予定のある時に予約して切ってもらっています。
高いのですが技術は確かだし、阿吽の呼吸ですし、何よりかなりの旅好きで話が面白い!


インデックス投資 ブログランキングへ

2015.1.10実績

年末年始で暴食したので、体重が増加したかと思いましたが、現状維持できました。
なるべく階段を使ったり、ひと駅分歩くなど、資産運用と同じくコツコツやっていきます。
0110.gif

そうえいば、先日大学4年次に借りていた奨学金を無事に全額返済しました!
大学院に進学するかもしれないと思い、年間学費の半額だけ、無利子で借りておりました。
ふと思ったのですが、住宅ローン減税があるならば、様々な条件をつける必要はありますが、
社会人になり納税をするようになれば、奨学金の利息分を減税対象にするというのはどうでしょうか?

インデックス投資 ブログランキングへ

生活防衛資金と住宅ローンと私

昨年末よりツイッターやブログで諸先輩方が、生活防衛資金について熱い議論を交わされています。

(リンク・紹介に不都合がございましたら、遠慮なくご連絡ください。)
「投資戦略の発想法(2010)」を読みながら生活防衛資金について考えてみる。
↑ブログ名:もっとお金の話がしたい

どの記事も説得力があるのですが、この記事は現実的でとても参考になりました。ありがとうございました!

生活防衛資金に対する私の考え方
↑ブログ名:ひと手間くわえた積立投資で資産形成


生活防衛資金についての考え方
↑ブログ名:資産形成は時の流れにまかせて。


【我が家の場合は】
我が家の家計の基本構造は以下のようになっています。
基本的には私の毎月の収入で生活するように心がけております。
ブログ越後リーマンのお金日記で紹介されている「お金の管理図」を参考に、我が家でも作成してみようと思います。

●私の収入
・基本的には私の毎月の収入で住宅ローン返済や日々の生活費に充当
・給与受取口座その1をメインバンクとして住宅ローンを返済
・上記口座から家族カード(クレジットカード)を二人で使用して引き落とされる
※上記口座からは原則として現金出金をしない
※私の毎月のお小遣い6万円は給与受取口座その2に振り込まれる
※ボーナスはメインバンクにプールしていく
※共有財産分の投資信託もここから出金しています

●妻の収入
・(自身のお小遣いを除き)基本的には貯蓄へ
※クレジットカードでなく、やむなく現金支出したものは、レシートを提出し、妻の口座から後日返金を受ける

【現在の生活防衛資金は…】
現在ざっくりと私名義の普通預金には約9か月分、1年定期預金には約4か月分の余剰金があり、
これを我が家の生活防衛資金としたいと思っています。
(ちなみに上記は自宅から近い有人店舗のある、都市銀行と地方銀行の合計3行に分散しております。
これは「ひと手間くわえた積立投資で資産形成」ブログの森村ヒロさんが書かかれているのと同じ理由です。
災害時に着の身着のままでも、一定の本人確認で当座の資金を引き出せるようにするものです。)

現在は妻も仕事をしており、1年分あれば、なんとかなると思います。
我が家では、お互いの結婚前資産を公開していないのですが、私以上に堅実な妻は、
きっと私以上に貯蓄があるものと強く推定されます。

また、万一どうしてもという場合には、私の結婚前資産のうち、普通預金や定期預貯金を使えばよいと思っています。
ケガや病気となり、就労不能となり収入が減少した場合も、医療保険や所得補償保険やGLTDに加入していますし、
更には傷病手当などもあることから、上記生活防衛資金を取り崩さなくとも、2年程度は何とかなると思います。

しかし、会社が倒産した場合には、節約に励み、妻の収入に頼りつつ、雇用保険のお世話になることになります。
私の場合は同業界以外には転職が難しいという、かなり特殊な部門で仕事をしており、今のスキルを活かすのは、
現実問題として難しいかもしれません。そのようなことが起きた場合に備え、他の会社でも通用するスキルを
身に着けていかなければならないと思います。

また天変地異などで、現在のマンションに住むことが困難となった場合には、生活再建のために、
多額の資金が必要になるものと思います。もちろん、火災保険・地震保険には建物・家財ともに加入しておりますが、
住まいはなくなっても、住宅ローンは残るため、かなりの負担になると思います。これが一番の問題かもしれません。
(その時には、しばらくの間、妻を実家に帰し、私が勤務地そばのワンルームマンションを借りるのが現実的です。)

【住宅ローンの繰り上げ返済を検討中】
妻名義の口座にある分は一部を残して、今月中にローンの繰り上げ返済にあてたいと思っています。
住宅ローン減税メリットもあるとは思いますが、我が家はミックスローンで変動と10年固定を組み合わせており、
これからの金利上昇がどの程度、そしていつ起こるのかわからないので、返せるうちに、無理なくローン残高を
減らしていこうと思っております。

【低金利時代に住宅ローンを借りるということ】
私は無理な資産運用はしていないつもりですし、これから先もする予定もありませんが、
もしもこの低金利が続くのであれば、住宅ローンを借りつつ、投資信託などで余剰資金を運用し、
後日ローンの繰り上げ返済をする方がお得なのかもしれません。

しかしながら、基本的には臆病で慎重なタイプ(結婚前に自主的に妻に給与明細と源泉徴収票を開示し、
生活費予算も提示したりして、きちんと一緒に生活をしていけるのか?も相談しておりました。)なので、
そのようなことはせず、コツコツと無理のない範囲で資産形成をし、繰り上げ返済もコツコツとしていこうと思っています。

【追記:お小遣い制について】
nantesさんのブログ2020年への資産運用の旅 since 2011.7.18
では熱い議論が紹介されておりますが、我が家の場合は
・基本的には私が管理し、妻に定期報告をする
・通帳は妻に預ける(キャッシュカードは代理人カードを作成し二人とも持つ)
・お小遣い制を原則とし、高額支出が必要な際には話し合いをする
という折衷案的なスタイルをとっています。
世の中のサラリーマンのお小遣い平均より多く確保しており、妻にも感謝しております。


インデックス投資 ブログランキングへ

運用商品を見直しました2015.2~

2014年12月に運用商品を見直したばかりではありますが、以下のような理由から再度見直しました。
・私のコツコツ拠出分と、共有財産分を分けて考え直したこと
 (2015年2月以降は上記を分けて、損益を管理していきます。)
・私の無リスク資産割合が予想以上に高かったこと
・国内株式(個別銘柄を含む)の割合が予想以上に高かったこと
※拠出金額も増額しました。

まとまった資金を一気に投入する度胸があれば、一気にリバランスをすることも可能ではありますが、
取得価格を平準化するためにも、時間をかけてコツコツとやっていきたいと思います。
最下段の私のコツコツ拠出分と共有財産と401Kを合計すると、なかなかバランスが取れているように思えます。

※リスクについては、持株会や特定通貨MMFなど偏りがあることから、下記表記より増加すると思われます。


【私のコツコツ毎月拠出分】リターン11.9%、リスク11.0% eMAXISのポートフォリオナビゲーションツールより




【共有財産毎月拠出分】リターン11.0%、リスク10.5% eMAXISのポートフォリオナビゲーションツールより




【401Kを加えた毎月拠出総合計】リターン12.2%、リスク11.0% eMAXISのポートフォリオナビゲーションツールより







インデックス投資 ブログランキングへ

2015.1.3実績

年末年始は何かと出費が多めでした。
0103.gif
年末には同職制での締めの飲み会があったり、東京に帰省した際には、
友人と銀座で焼肉ランチをしたのが、交際費に計上されております。
ちなみに、天壇の焼肉はかなり美味しかったです。
※予約が出来なかったので開店30分前から並んでギリギリ入店できました。
またその他には、職場や友人への手土産を計上しております。


インデックス投資 ブログランキングへ

2014.12末実績 401K

401Kの2014.12末実績です。
開始当初からの運用益は17.9%です。
※これまで利回りと表記していましたが、正しくは現時点での評価損益割合(運用益)でした。
現在の累計での商品構成は以下の通り。



モーニングスターのHPで自分が選択している401K商品と、NISAで積立をしている商品
(該当がない場合は、比較的コストの安い商品を選択)を比較してみました。
201412401K.png
比較してみると、401Kの商品優位性を改めて実感することができます。

401Kは運用益が非課税であることから、ある程度リスクをとってもよいのではないか?と思い、
eMAXISのポートフォリオナビゲーションツールを利用して色々と試算し、
2015.1からは以下のように401K拠出割合を変更することにしました。
リターン15.8%、リスク14.2%です。


変更を昨年夏にもしましたが、当面はこれで行きたいと思います。
※マッチング制度が開始されたら、改めて考え直したいと思います。

インデックス投資 ブログランキングへ

2014.12運用成績

2014.12.31時点での運用成績は以下の通りです。(配当や売却益は含んでおりません。)
201412.gif
※基本的には私の結婚前貯蓄を原資に毎月一定額を積立運用しておりますが、12月の商品見直しの際に、
僅かながらではありますが、妻との共有財産分もコツコツ積立を開始することにしましたので、
今回から参考として掲載することとしました。

持株&特定口座の個別保有株の評価額が良すぎて怖いくらいです。
持株会口座→特定口座へ振替が完了したので、一部を即座に指値で売却を試みましたが、
タイミングを逃してしまい、売却できませんでした。株価を見ながら持株会分は徐々に売却します。
勤務先の持株会口座は某大手証券なのですが、売買手数料が割高な気がするので、ネット系証券に
移管をしようかと思いましたが、思いのほか移管手数料がかかるので、断念することにしました。

普段はあまりチェックしないのですが、リスク資産との割合も年末なのでチェックしてみました。


そしてアセットアロケーションも算出してみました。


ビックリするぐらい、国内株式に偏っております。このまま上がり調子というわけでもないと思いますので、
いろいろと考えなければならないと思っています。
また毎月コツコツ積立以外にも、ある程度相場をみながら、先進国株式などにもチャレンジしたいと思っています。

インデックス投資 ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。