徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代前半、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.27実績

この週は飲み会が2回もありました。いずれも職場&同期会なので仕方がありません。
やはり飲み会に行くよりは、同じ金額でちょっと豪華なランチの方が、いいな~と思ってしまします。
体重も微増してしまいました。年末までに目標体重達成は難しそうです。

1227.gif


インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

保険を見直しました! その1

1年かけて、加入している生命保険と第三分野商品を見直しました。

■毎月支払っている保険料は?
以前の記事9月に保険の見直しを開始しました。まずは現状把握として、加入内容の一覧を作成。
毎月支払っている保険料は合計で月額約41,000円でした。(11月末現在)
平均の2倍も支払っているという驚き!がまず最初でした。
生命保険文化センターの平成25年調査によれば、男性は年間平均約241,000円。
月額にすると平均約20,000円のようです。

■本当に必要な保障内容なのか?
現在私は妻との2人暮らしで、妻も正社員で仕事をしておりますので、2馬力です。
また住宅ローンで中古マンションを購入しましたので、団体信用生命保険にも加入しております。

1)死亡リスク
最悪のケース(私が死亡or重度後遺障害を負った場合)を想定すると
【住宅】
●住宅ローンは団信にて綺麗に返済される。
→マンション管理費&修繕積立金は、妻が払い続ける。
 (築10年は経過していますが、合計しても現在は毎月10,000円程度)
【生活費】
●妻が働いているので、(子どもがいなければ)特に問題なし。
遺族年金制度が現状のまま続いていれば、月に60,000円程度は受給できる。
【教育費】
●(子どもが1人いたら)上記遺族年金が月に80,000円程度は加算されて受給できる。
→しかし短時間勤務や産休・育児休暇などで妻の収入が減少する可能性がある。
→よって手当が必要なのは、主にこのあたり。

将来子どもがいるか分かりませんが、念のために私が60歳ぐらいまでは、ある程度
残された家族への手当が必要なので、月額10万円の収入保障保険に今年加入しました。
その一方で、かなりの保障額となっていたので、住宅購入前に加入していた逓減定期保険は今回2契約、
解約することにしました。(これでおよそ毎月約6,000円の節約で、合計の支払保険料は約35,000円になりました。)

2)医療・介護リスク
本当にダメージが大きいのは、死亡よりも重度障害ではないものの、退職を余儀なくされたり、長期療養が
必要になった場合かもしれません。この場合は、住宅ローンはそのままに、収入が減少する可能性があります。
そこで、大きく期間を3つぐらいに分けて、手当を考えてみました。

【短期間の入院(60日程度)】
有給休暇や傷病休暇などで、何とか収入の減少は食い止めることができそうです。
(もっとも年2回のボーナス査定にはかなり影響が出るものと思われます。)
またこの期間の治療費を填補するべく、60日型、日額5,000円の医療保険に加入しております。
→医療保険から1か月15万円支給され、現行のままの高額療養費制度が存続するなら、
 少しの間ならば、差額室料が発生する2人部屋などにも負担なく入れることになります。

【1年程度の休業】
私の場合、勤続年数など会社の制度を調べてみると、1.5年程度は休職ができるようです。
その間は、健康保険組合からの傷病手当金(法定分)と組合独自の加算金を合計すると、
標準報酬日額の80%程度が支給されます。よって治療費を考えなければ、20%の補填があれば、
同水準の生活をキープできそうです。
→やや足りませんが所得補償保険、填補期間2年、月額5万円に加入しました。

【2年超の休業】
これは対応するのが、非常に難しいのですが、年に1度勤務先で募集がある団体保険の中に、
GLTD(団体長期障害所得補償保険)がありましたので、これに加入することにしました。
この保険は、パンフを読んでも、ネットで検索しても、いまいちピンとこないので次回以降、
ブログにもまとめてみたいと思います。



インデックス投資 ブログランキングへ

2014.12.20実績

UP遅れてしまいました。
1日だけ休暇をいただき、なかなか行けない金融機関窓口へ行ったり、
クラシックコンサートを聴きに行ったりと、有意義な時間を平日に過ごすことができました。
体重も順調に減っています。もっとも年末目標達成は難しそうですが…

1220.gif


インデックス投資 ブログランキングへ

勤務先で某金融機関主催のセミナーが開催されました

先日私の所属している部署の従業員を対象に、某地域金融機関の主催する資産運用セミナーが開催されました。
(私は業務上都合がつかず参加しませんでした。都合がついても参加していないと思いますが…)

昨今地域金融機関も激しい競争にさらされており、新規顧客を獲得し、更には窓販投信で手数料を稼がなければ
ならないのだと思います。(東海地区も地域金融機関が乱立しており、再編があるかもしれません…)

セミナーの主な内容は
■NISA口座開設のメリット
■少額から始められる投資信託毎月積立のメリット
だったようです。出席した後輩から配布資料を見せてもらいましたが、販売手数料が高く、
しかも仕組みが複雑な投資信託もラインナップされておりました。

私が多少の資産運用をしていることを後輩は知っているので、
後輩:「資産運用なんかするお金すらないんですから、時間の無駄でした。」
私:「僕は逆に毎月少額でもコツコツやった方がいいとは思うけどね…。少なくとも自分はそうしていますよ。」
後輩:「それはお金があるから、そういうことを言えるんですよ。」
    「でも日々買い物で利用するイオンの株主優待は欲しいんです。」
私:「僕も個別株も少しやっていますが、含み損を抱えているのもあるから、個別株を始めるなら慎重にね。」
とこんな会話のやり取りがありました。

資産運用(資産形成)には、もちろん、日々の生活資金と万一のための一定の余剰資金が必要だとは思いますが、
かなりの額の貯蓄がないと始められないものではないと思いますし、あまり貯蓄がないからこそ、日々の生活を見直し、
無理のない範囲で、継続してコツコツと積立をすることが大切だと思います。
(FXやデイトレーダーなど超短期で稼ぐのは別にしても、それ以外では資産運用にあたり、何も特別な知識や
数学的センスを求められるものではないと思います。しかし金融商品は分かりにくいとハードルがまだまだ高く、
興味がない人には、外国語のように言っていることが分からず受け入れがたいものなのかもしれません。)

もっとも、運用関係で友人や後輩などの他人に個別銘柄や商品を勧めることはしません。
あとで、「損をした」と言われたら困りますので。


インデックス投資 ブログランキングへ

2014.12.13実績

今週はぐったり過ごしたり、休日出勤していたため、運動が全くできませんでした。
飲み会が1度あった割には、体重に変化もなく、まずまずです。
なるべく階段を使うなど、無理をしない範囲で体を動かしていきたいと思います。

※かなり細かいことではありますが、限られたお小遣いを有効に活用するため、今回から書籍を購入する際には、
事前に図書カードを金券ショップで購入することにしました。1,000円のカードが970円で購入できるのです。
ということは30円のお得。塵も積もれば山となるということで、無理のない範囲内でやっていたいと思います。

1213.gif


インデックス投資 ブログランキングへ

金融機関主催セミナーに行ってきました

先日初めて、金融機関主催セミナーに行ってきました。

【参加した理由】
これまでかなり心理的な抵抗があり、参加したことがありませんでしたが、今回なぜ参加したのかというと…
①会場がホテルだったから(→店舗だと、金融商品をゴリ押しされそうなイメージがありましたので、安心できた?)
②二部構成で前半が収納に関するセミナーだったから(→大掃除の時期も近く、整頓術に丁度興味があった?)
③後半は資産作りセミナーだったから(→これまで我流だったので、たまにはプロの話を聞いてみたいと思ったから)
④粗品がもらえるから(→かなり貧乏ってぽい理由ですが、国産高級タオルがもらえるので…)
こんな感じの理由でした。

【こんな事を聞いてきました】
●前半で興味深かったことは
■整理整頓のコツは以下の手順で
 ①出す(量を再確認するために、棚や箱から一旦すべて出す)
 ②分ける(使っているものor1年以上使っていないものに)
  ※ものは現在形で考える(→例えば痩せたら着れるかも…と未来形では考えない)
 ③しまう(使っているものだけをしまう。使っていないものはどこかにまとめる)
■収納スペースには使っているものだけをしまう

●後半で興味深かったことは
■資産を作る2つの方法
①デフレなら支出を減らす工夫:生活費の節約、ローンの見直しなど
②インフレなら収入を増やす工夫:運用方法の見直し、非課税制度の活用など
■NISAに適した商品 (←主催する金融機関の意見に賛成している訳ではありません…)
①長期分散投資により安定的な収益を獲得しながら
②収益の下振れリスクを抑制し
③市場環境の変化に応じてファンド内で自動的に資産を入れ替える

【やっぱり手数料高い商品】
今回のセミナーでは、某投資信託パンフが配布され、商品名を1度だけ読み上げた程度で、ゴリ押し感は
全くありませんでしたが、その商品は購入時手数料が約2%、信託報酬が約1.5%でした。
うーん、やっぱりNISAとセットで、手数料の高い商品を売りたい訳ですね。

役務収益確保のために、手数料の高い商品を勧めるのは金融機関としては当然なんでしょうが、
ネット証券会社ならノーロード投信からも選ぶことができるのに、こういったところで、購入されるのは、
やはり高齢者やネットに抵抗がある方々なんでしょうかね?

【結論】
今回のセミナーでは、金融商品のゴリ押しもなく、とても上品な感じの対応でした。
こんな感じのセミナーならば、たまに参加するのは、いいのかもしれません。
しかしながら、金融商品を選択するには、人に勧められたからではなく、
自分で情報取集をし、しっかりと比較して、自己責任で選択することが
大切なことだと、改めて実感しました。

※前の席の中年女性2人が、後半のセミナー中、ずっと話をしており、非常に不愉快でした。
係の人が注意してくれると淡い期待をしましたが、そのようなことはなく、後味の悪いセミナーでした。


インデックス投資 ブログランキングへ

運用商品を見直しました2014.12~

さわかみ投信&純金積立をやめて、今後どうしようか考えておりましたが、
以下のような割合で2014.12~毎月拠出することとしました。
このところの株高と円安で投資信託もかなりプラスになっておりますが、
定年後までの運用と考えると一喜一憂しても仕方がありませんね。
しばらくはこのままほったらかしにしたいと思います。

※以前の記事でEXE-iを検討していたのですが、結局やめてしまいました。







インデックス投資 ブログランキングへ

2014.12.6実績

とうとう今年も残すところあと1か月となってしまいました。
例年通り、年末に向けて仕事が、かなり忙しくなりそうです。
飲み会が既に毎週のように予定されていますので、節約に努めたいと思います。
そして目標体重達成に向けて、暴飲暴食には気を付けたいと思います。

1206.gif

インデックス投資 ブログランキングへ

2014.11末実績 401K

401Kの2014.11末実績です。
開始当初からの運用利回は17.8%です。
現在の累計での商品構成は以下の通り。


先日労働組合の本部の方とお話をする機会があり、商品ラインナップの拡充をしていただくよう提言しました。
新興国株式・債券や国内・海外REITも加えて欲しいと。どうやら次年度からマッチング拠出が開始されるようです。


インデックス投資 ブログランキングへ

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」に投票しました

昨日が期限だった、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」に投票しました。
締切間際だったので投票できているのか心配ですし、そもそもこのブログが投信ブロガーとして
認定されるのかも心配です。

企業(メーカー)ではなく、消費者側が選ぶというのは、とても良い仕組みだと思います。
結果発表にも参加したいところですが、年明けは一年で一番多忙な時期のため、会社を休むことが出来ないので、
残念ではありますが、投信ブロガーの皆様のブログで当日の様子を確認させていただきたいと思います。


インデックス投資 ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。