FC2ブログ

徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)

30代、しがないサラリーマンです。投資信託をコツコツ積立しております。

初めてこのブログを訪問された方へ

 [ 08月31日 21:53 ] カテゴリ:自己紹介(初めての方はこちらへ) | CM(0)
ようこそ、徒然なる日記(コツコツ投資信託積立中)へ!
自身の資産管理および記録のためにブログを始めることにしました。
まだまだブロガーとしても個人投資家?としてもひよっこですが、よろしくお願いいたします。

豊かな老後?余生?を送るためにはある程度の蓄えが必要であり、コツコツと積立をしていきます。

※詳しい自己紹介はこちらをご覧ください。

【略歴】
200×年 社会人となり初めて一人暮らしをする(数年おきに転勤をする)
201×年 結婚し、中古マンションを購入、お小遣い生活開始(≒住宅ローン返済開始)
2014年 このブログを始める

【運用歴】
・学生時代からほんの少しだけ投資信託(グロソブ等)を始めるが、途中で辞める。
・社会人になり持株会と401Kと財形を始める。
・2011年頃から、さわかみ投信とセゾン投信と純金積立を始める。
・結婚を機会に、ごく少額の株式投資を始める。
・2014年NISAを機会に、コツコツ投資信託積立を始める。

【運用スタイル】
・我が家では自分のお小遣いと共有財産(公金)の区別をして管理。
・結婚前貯金を原資として、コツコツ投資信託積立などを実施。
 →これではいつか原資が尽きてしまうので、お小遣いを管理して、過不足を把握していく。
・個別株式も保有していますが、単元未満株をコツコツし、基本はほったらかし。
 あくまでも配当や株主優待を目的。
※共有財産(公金)でも、投資信託の積立や個人向け国債を定期購入しております。
投資方針についてはこちらをご覧ください。(2016.1.3改定)
現在の毎月積立商品についてはこちらをご覧ください。(2016.1~)

【その他】
性別:男性
年齢:30代
家族構成:妻(会社員)と3歳児
職業:会社員
住居等:持家(中古マンション:住宅ローン返済中)、自動車は保有しておりません
趣味:旅行、クラシック音楽鑑賞
※お酒は飲まず、タバコも吸わず、宝くじも買わず、国内ではギャンブルをしません

上記は先輩インデックスブロガーの投信で手堅くlay-up!さんの記事を参考にしてみました。

【リンクやコメントについて】
日々参考にさせていただいている諸先輩方のブログを勝手にリンクさせていただいております。
不都合があれば修正・削除いたしますので、お手数ではございますが、コメントいただければ幸いです。
また資産運用等のブログの相互リンクも大歓迎ですのでよろしくお願いします。

【最後に】
本ブログでは個人的な見解を述べているため、所属企業や関係先等の見解を述べているものではありません。
また投資・資産運用は自己責任でお願いいたします。

≪最終更新日2020.5.26≫

インデックス投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト



相続手続きをする機会がありました その2

 [ 01月31日 12:29 ] カテゴリ:備忘録 | CM(0)
【生命保険について】
これまで生命保険(死亡保障や)は、残された家族への贈り物的なイメージ
を持っていました。
(個人投資家界隈では、生命保険不要説も囁かれていますが、それは
個々人の状況によるものだと思いますので、個人的には必要なもの
であるとは思っています。)
今回の相続手続きをする中で、祖父が取引先の金融機関で一時払
死亡保険を複数契約しており、遺産分割協議を経ることなく、保険金
受取人へ支払をすることが出来たのは、非常に良かったと感じました。
(単にお金を引き継ぐだけではなく、請求手続きをすれば支払われる
という安心感がありました。)
(祖父は生前、投資信託や変額年金などでの運用をしていた
ようですが、ある程度の年齢になり、それらを解約して一時払
死亡保険を金融機関の窓口で契約していたようです。)

相続が発生した際には、死亡診断書と本人確認書類等(他には
印鑑証明書が必要な場合も)で保険金受取人が手続きをすれば、
直ぐに支払を受けられるは、まさに安心感がありました。
(今回は遺産分割協議でもめることはありませんでしたが、もめて
しまった場合、金融機関からの資金引き出し等が制限され、生活に
影響が出る可能性も否定できないと感じました。)

もっとも、生命保険会社の信用リスク(生命保険会社が破綻した場合には
払込保険料の全額が保証されない場合があります。詳しくはこちらを)、
それらを運用していた場合に得られるであろう利益が得られない等のデメリットも
ありますが、高齢者の場合には、それらよりもメリットが上回ると感じました。
高齢者自ら一時払死亡保険を加入したいと申し出ると、金融機関から
別な商品を勧められる可能性は多少あるような気もしますので、心配
であればご両親等の申込時に立ち会うなどが必要かもしれません。

【補足】
※今回は受取人である祖母も同時期に体調を崩し入院していたため、
意思確認や手続き書類への記載が難しい場面もありましたが、それぞれの
生命保険会社の請求手続きのためにコールセンターへ連絡し、事情を説明
することで、ある保険会社では電話を祖母に代わり本人確認と意思確認したり、
また別な保険会社では保険会社の社員(当該契約の募集人ではない)が
病院まで来られて面前で本人確認や意思確認をして、その後の書類記入を
代筆者が代筆するなどして、手続きを完了することが出来ました。

※銀行窓販での契約だったため、日系生保会社によくいる生保レディー
のような募集人は存在せず、販売銀行からの定期的なフォロー等は
なかったようです。(生命保険会社からは、年に1度契約内容のお知らせの
書面が郵送されてきていました。)

※昨今生命保険会社では、契約者本人が意思表示が難しい状況となった
場合には、その手続きを代理人が出来る指定代理人特約などを設けている
ことが多くなっていますが、今回感じたのは、保険金受取人が意思表示が
難しい場合に備え、保険金請求手続きを予め指定した代理人が出来るように
しておく特約も開発されたら良いのではないか?と感じました。
(受取人は保険契約者がいつでも変更出来るため、流動的であることから
馴染まないとか、保険法や契約に関する法令や保険商品許認可の問題で
実現できないのかもしれませんが、そのあたりの、詳しい事情は不明です。)

【全体を通しての感想】
一定の知識があり、かつ時間と手間を惜しまなければ、ある程度は自分で
対応することができることを実感しました。
(平日日中に電話したり、窓口を訪問する必要があります。)

金融資産が各金融機関に分散していると何店舗も訪問する必要が
ありますので、今回の件を受けて、私自身は金融機関数を減らして
使わない口座は解約しました。また地方にしか支店がない金融機関の場合、
そこまで出向く必要が生じる可能性があるため、全国規模の金融機関に
限定するようにしました。

全国に支店のある金融機関であれば、どこの有人支店でも対応してもらえると思います。
なお、今回信託銀行もあったのですが、相続のプロである信託銀行の行員であっても、
書類確認等は相続の集中センターに書類を回送して対応しているようで、業務効率化の
一環であるとは思いますが、金融機関にとっては面倒な手続きなんだろうと感じました。

相続手続きをする機会がありました その1

 [ 01月31日 12:21 ] カテゴリ:備忘録 | CM(0)
【相続手続き】
もう2年以上前になりますが、祖父が他界しました。もともと高齢で本人が几帳面な
性格であったこともあり、メモではありましたが、資産については、金融機関名等の
情報や加入している生命保険などが一覧にまとめられており、非常に役立ちました。

私自身は被相続人ではありませんでしたが、被相続人の一人である母からの要請
もあり、多くの相続手続きや保険金請求手続きに立ち会いました。(これらを他界に
悲しむ関係者が、そしてあまり知識がない人が直ぐに行うのは、心理的にもかなり
ハードルが高いと感じました。)

【法定相続情報一覧図を作成する】
金融機関での口座残高証明書発行依頼・払戻、不動産の名義書換等に必要な
法定相続情報一覧図の作成を自分でやってみました。戸籍を遡る手間と時間
(郵便局で定額小為替を購入し、必要書類を毎回コピーなど)さえ覚悟すれば、
専門家に依頼しなくとも十分に出来ます。(多少は相続の知識や戸籍を読む
機会がこれまであったことが自分が対応することのハードルを下げていたの
かもしれません。)提出前に法務局に電話し、書類が整っていることを確認
してから、送付しました。
(相続手続きにおける最大のポイントは「法定相続情報一覧図」の作成であると感じました。)

法定相続情報一覧図が完成してからは、各金融機関の窓口を母と一緒に訪れ、
残高証明書発行依頼し、払戻手続きなどをしておりました。(残高によっては
遺産分割協議書不要で払戻が出来る金融機関もありました。また、母からの
委任状と印鑑証明等を持参し、一部の金融機関での手続きは私が実施しました。)
不動産名義書換も、必要な書類を全て自分でそろえて、書換だけを司法書士に依頼しました。
(書類一式をクリアファイルに入れて目次を付けて渡したところ、ビックリされました。)

【相続放棄手続き】
資産の散在を防ぐ目的も有り、被相続人のうち1名は相続放棄をすること
になりました。この手続きも私が、家庭裁判所のホームページを見たり、一度だけ
家庭裁判所を訪問して相談したりして、該当者にアドバイスをし書類手続きも不備無く、
無事に完了することが出来ました。(相続放棄手続きを相続発生を知った日から
3ヶ月以内にするには、資産・負債等の確認や手続き面を考えると、かなりタイトな
スケジュールだと思います。)

※その2に続く…

投資方針書を再度改定しました

 [ 05月31日 21:47 ] カテゴリ:運用と商品 | CM(0)
前回投資方針書を作成してから(2016.01.03)約4年が経過し、自分自身の投資に関する考え方などにも
変化が生まれてきたので、改定することにしました。変更箇所を太字、削除箇所には線を引いております。

投資方針書2020.05.31改定

Ⅰ目的
1)自己資金分
限られた結婚前財産及び小遣いでも、趣味・自己啓発に十分な資金を確保すること。

2)共有財産分
将来生まれてくるかもしれない子どもに十分な教育が提供でき、夫婦2人で豊かな老後を送ること。

Ⅱ運用目標
月間・年間を通じての変動はあったとしても、60歳までの30年弱で最終的に3%を目指す。

Ⅲ投資方針
1)
毎月定額の積立による投資信託への投資および単元未満株購入を基本とし、長期運用および国際分散投資
を心がける。毎月分配型の投資信託は購入対象外とし、ノーロードのみを購入する。

2)
積立NISA口座でも投資を行う。年初に銀行口座から証券口座に当年分の資金を1回のみ移動させる。
なお、余った枠については個別株式またはETFに投資することを可能とする。

3)
短期売買は原則として行わない。個別株式およびETFでは原則として最低でも1回は配当を受け取る。
ただし、個別株式またはETFで利益が20%超、損失が30%超となった場合には売却することを可能とする。

長期保有を前提とするため、損失が拡大したとしても売却は慎重に検討する。
なお、個別株式またはFTE購入時には少なくとも1週間の熟考期間を設ける。

4)
信用取引、先物取引、FX、IPO、持株会は行わない。

5)
自分自身が仕組み、業務内容、収益構造を十分に理解することが出来ない金融商品、企業には投資しない。
また、自分自身が社会的に問題のある企業と判断した場合は投資対象としない。

6)
万が一に備え、保有資産状況ならびに口座開設金融機関については妻に年に1度は報告をする。
なお、共有財産分については3か月毎に妻に報告をする。

7)
投資商品の見直しは適宜柔軟に行う。

Ⅳその他
1)
資産配分やリバランスについては別途定めるものとする。

2)
金融機関は以下の通りとする。
・SBI証券:投資信託積立、余剰資金による個別株式およびETF
・松井証券:単元未満株から単元株になった際、将来の売却を見越した移管先
・楽天証券:共有財産分としての投資信託積立
・カブドットコム証券:メインの投資信託毎日積立(口座解約済み)
・SMBC日興証券:予備の口座として(口座解約済み)

3)
分配金および売却利益については、毎月の拠出金とは別に、投資資金として利用する。
3か月毎に保管専用銀行口座に移管する。


3)
個別株購入については1銘柄あたり、累計買付金額ベースで50万円を超過しない。

以上

近況報告

 [ 05月26日 19:34 ] カテゴリ:子育て | CM(0)
ブログの更新がめっきり出来ておりませんでした。
ぼちぼち無理のない範囲内で更新していきたいと思いますが、近況を簡単に。

【コロナ禍】
在宅勤務に不向きとされる業務に従事しておりますが、勤務先でも在宅勤務が導入されました。
隔日出勤し、在宅勤務日は業務用端末や携帯電話を持ち帰り、自宅でオフィスと変わらず
仕事をしていました。システム的な手当が出来ていたこともあり、特段の不自由を感じることなく、
むしろ話しかけられることもなく、在宅勤務では業務に集中することが出来ました。
緊急事態宣言解除後は週1回の在宅勤務となりました。

勤務先の業績は、短期的にはそれほど大きな影響を受けていませんでしたが、
長期的に見れば様々な経済活動の縮小・自粛の影響を受けるものと思われます。
(こういった場合、ボーナスなどにも影響が出やすいので、住宅ローンを組むときに、
ボーナスの比重を大きくしなくて良かったと改めて実感しております。)

【妻の復職とこどもの保育園】
こどもが3歳になったことから、妻がフルタイムで復職し、こどもは保育園へ。
待機児童になるのではないか?という思いもありましたが、なんとか年度の途中からでも
保育園に入ることが出来ました。(私は数回しか送迎に携わっておりませんが、
毎日雨の日も寒い日も暑い日も毎日自転車で送迎する妻には感謝しかありません。)
諸般の事情もあり、新年度からは別の保育園に転園となりました。(多少は自宅から近くなりました。)
入園式には私が参加しましたが、慣らし保育もあり、妻には相当な負担がありました。

保育園に通いだした頃は、早起きに慣れず、こどもがグズグズしていたり、
(今でもたまには)保育園に預ける際にギャン泣きしたりと、色々ありました。
しかし先生方にも恵まれ、食は未だに細いのですが、給食では様々なものを
食べているようです。社会性も少しずつ身についていると思います。

【少しだけダイエットに成功】
2020年1月から5ヶ月で約5キロのダイエットに成功しました。
身長からすれば、それほど太ってはいないのですが、お腹の出っ張りが気になり、
妻からも「スリムでいて欲しい」との話もありましたので、無理のない範囲でやってみました。

平日の夕食は極力白米を食べない!(春雨スープや豆腐で代用。おかずは食べます。)
平日にはジュースを飲まない!(炭酸水と水とお茶)
職場で食べるお菓子はチョコレートだけにする!
ただそれだけです。

しばらくは上記の取り組みを続けていきたいと思っています。